四十肩・五十肩でお悩みの方へ

四十肩・五十肩によくある症状

  • 長い間肩や上腕の痛みが続いている

  • 肩が痛くて上着を脱ぐのが
    つらい

  • 夜に寝るとき痛みがあって
    寝られない

  • 肩が動かしにくくて家事が
    できない

年々つらくなっていく肩の痛み、あきらめないでください

四十肩・五十肩は40代や50代に好発する肩が動かしにくくなる疾患のことです。

加齢により、さまざまな身体の症状が出ます。

 

四十肩・五十肩の原因と、予防・対処法をご紹介します。

四十肩・五十肩改善メニュー Recommend Menu

四十肩・五十肩の痛みの原因は

四十肩や五十肩はどのようなメカニズムで発症するかご存知でしょうか?

四十肩や五十肩とよく比較される肩こりは、基本的に首や肩にある筋肉の「僧帽筋(そうぼうきん)」「肩甲挙筋(けんこうきょきん)」などが緊張したり痛めたりして起こります。

一方で四十肩や五十肩は、肩の関節に問題が発生して肩周りの運動制限が起こることを言います。

 

四十肩や五十肩が起こる原因を詳しくご紹介します。

 

【肩関節周辺の炎症による痛み】

 

関節を構成する骨や軟骨、靭帯、腱などが加齢により老化します。

組織の老化により炎症が起こることが主な原因と考えられています。

特に、上腕骨(じょうわんこつ)と肩甲骨の間に「回旋筋腱板(かいせんきんけんばん)」と言うインナーマッスル(体幹)がありますが、その回旋筋腱板の部分での炎症が起こっていると言われています。
回旋筋腱板は別名「ローテーターカフ」とも言います。

 

【関節包(かんせつほう)・滑液包(かつえきほう)の癒着】

肩の関節を包んでいる関節包と、腱と骨の間にあるクッションのような役割をしている滑液包が、炎症により癒着(硬くなって動かなくなる)してしまいます。
そうなると、四十肩や五十肩の大きな特徴である「運動制限」が出てきます。

 

【四十肩・五十肩になりやすい方】

 

四十肩や五十肩はあくまで加齢によるものですので、どんな方でもどちらの肩でも起こることがあります。
そのため男性の方が多い、女性の方が多いといったことではありません。

左右差もなく、利き手だからなると言うわけでもありません。

 

四十肩・五十肩の痛み、今からでも改善できます


実は四十肩・五十肩は正式名称ではなく通称であることは知っていましたか?

正式名称は「肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)」といいます。

 

肩関節周囲炎の大きな特徴は「強い運動制限(肩が動かしにくい状態)」です。
痛みはあるが動かせると言う肩の痛みは、四十肩・五十肩ではありません。

 

以下ような症状のある方は四十肩・五十肩を疑いましょう。

 

・肩回りの動きが制限されている方

髪を結ぶ動作やエプロンなど後ろで紐を結ぶ動作など、腕を上や後ろに持ってくるのが難しくなることがあります。

 

・慢性的な肩回りの痛み、重み、だるさを感じる方

肩から腕にかけての痛みやだるさがあったり、夜間痛として就寝時に痛みがあったり、運動時痛として運動する際に痛みが出たりします。

四十肩・五十肩を改善するための期間はその方の症状により変わります。
早くて3か月~6か月、長い方ですと1年~2年かかる場合もあります。

 

【急性期、初期症状の方】

 

・痛みが強いときは安静を心がけましょう

発症から2週間くらいは、急性期と言って痛みが強い時期です。
この期間に、無理に動かしてしまうと逆効果ですので、痛みが引くまで安静にしておきましょう。

 

・患部を冷やしましょう

痛みが強いときは、患部が炎症を起こしていて熱を持っていることがあります。
特に安静にしていても痛むときは、冷やしたタオルなどを巻いて冷やすようにしてください。

 

 

【慢性期の方】

 

・少しずつ動かしていく運動をしましょう

発症から2週間〜6か月ぐらいは慢性期で、痛みが引いてきて運動制限が強くなってくる時期です。
慢性期にそのまま動かないでおくと、どんどん運動制限は強くなってしまいます。
ここで動かすか動かさないかで改善するスピードが変わってきますので、ゆっくりと運動して動かしていきましょう。

 

・患部を温めましょう

慢性期は、筋肉などの組織が冷えると余計に運動制限が強くなってしまいます。
サポーターをしたりカイロを貼ったり、入浴などで患部を温めましょう。
組織が温められると、関節も動きやすくなり運動制限も改善しやすいです。

 

【回復期の方 】

 

・どんどん動かしていきましょう

慢性期より痛みが引いてきますので、肩をどんどん動かして四十肩・五十肩になる前の状態に戻していきましょう。

 

市川中央整骨院【四十肩・五十肩の痛み】アプローチ方法

当院では、主に肩関節周辺の炎症で上がらなくなっていると考えており、多くの場合が当院で改善可能ですが、症状によっては難しい場合もございます。

その場合は医療機関へご紹介いたしますのでご安心ください。

 

当院ではまず最初にその原因を探り、その上で患者さんお一人お一人に合った的確な施術プランをご提案します。

初期の段階では冷やして痛みを抑え、痛みが抑まったら主に「CMC筋膜リリース」によって肩関節の筋肉を緩めていきます。

日常生活に支障がでないよう、四十肩・五十肩の早期改善を目指します。

 

 

【四十肩・五十肩に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法とは筋肉や靭帯の深部に高電圧の電気を流す事により回復の促進や痛みの軽減などに作用する、痛みの症状に特化した電気刺激療法です。
他にも骨折などで損傷した骨組織の回復促進や、姿勢の悪さによって働きの鈍くなったインナーマッスルの活性化などにも効果が期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

身体の中には微弱な電気が流れていて、その流れによって神経伝達が流れています。ストレスやケガなどで電気伝達が悪くなると身体の不調が生じやすくなります。
異種金属や磁石などの体内電流を整えるテープを貼ることにより、痛みの緩和が期待できます。

 

■テーピング

傷ついた組織を保護すると同時に受傷した方向に動かないように固定を行います。
ケガをした組織は放置しておくと、日常生活の中での負担が多く改善するのが遅くなり痛みが残ってしまうリスクがあります。
そのリスクを減らしてあげることで、回復を促進する効果が期待できます。

 

■骨格矯正

人の身体というのは、筋肉と骨と神経のバランスで成り立っているので、「筋肉だけ緩める」「骨の位置を整える」だけではすぐに骨格のバランスが戻ってしまいます。
ですので、筋肉を緩めて骨の調整をしたあとにバランスを整えて、日常生活の指導やセルフトレーニングのアドバイスなども行っています。

 

■筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を包んでいる筋膜ですが、身体の中で癒着してしまった筋膜を緩めることにより、つらい部分が楽になるように改善を行っていきます。
患者さんに合わせて手技や特殊な機器を使用して、患者さんに負担が少なくなるように行います。
筋肉を包み込んでいる筋膜の委縮・癒着を引き剥がすことで正常な状態に改善していきます。

 

■カッピング

カッピングは「吸い玉治施術」とも言われています。
カップ状の機器で皮膚を吸い上げることにより、身体の奥にある疲れた血液を表面に吸い上げます。
身体の表面の方が血液の循環が良く、皮膚を吸い上げることによりケガの回復を促進していきます。
全身の重だるさや、ケガ全般に効果が期待できます。

 

■猫背矯正

猫背矯正を始める前に、まずご自身の身体がどのくらい猫背の状態になっているか確認していただきます。
当院では筋肉の緊張状態をゆるめていくことで骨の位置を調整するのに加え、猫背に戻りにくくなるよう、身体を支える筋肉となるインナーマッスルを鍛えるトレーニングをお伝えしています。
姿勢の悪さやケガの回復が遅い方におすすめです。

著者 Writer

著者画像
院長:嶋崎 大輔
出身地:静岡県三島市
誕生日:8月7日
血液型:A型
学生時代のスポーツ:野球
趣味:読書(医学関係からマンガまで幅広く)
好きな食べ物:お肉 アルコール

【患者さんへの思い】
市川に住んでいる人々に健康と安心を提供したいと思っています。
施術に関する事から日常の悩みまで相談される様な安心感を出せる様にしたいです。
日々勉強、明日の自分に誇れる様に毎日過ごしたいと思ってます。
皆様よろしくお願いいたします。
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:市川中央整骨院
住所〒272-0035 千葉県市川市新田4-8-23
最寄:JR市川駅 徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】市川中央整骨院 公式SNSアカウント 市川中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】市川中央整骨院 公式SNSアカウント 市川中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】市川中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術などのご案内をしています
  • 営業時間の変更などのご案内をしております
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中