膝の痛みでお悩みの方へ

膝の痛みによくある症状

  • 階段の昇り降りをすると膝が
    痛む

  • 膝が曲がらなくて正座が
    できない

  • 歩いていると膝が段々痛くなる

  • スポーツをしていて膝が痛む
    ことがある

階段の昇り降り、つらい思いをしていませんか?

階段やちょっとした段差での昇り降りの際や、膝の曲げ伸ばしの際 膝の痛みでお悩みではありませんか?

 

その痛みの原因を知って、早期回復を目指しましょう。

膝の痛み改善メニュー Recommend Menu

膝の痛みの原因を突き止めましょう

日常生活で膝にどのくらいの負荷がかかっているか、ご存知でしょうか。

膝関節は、全身の体重を支えると言う重要な役割を持っています。

膝関節の安定性は周囲の筋肉や腱、靭帯や半月板によって保たれています。

高齢者ではこの靭帯や半月板が磨り減ることによって痛みを感じます。

そして膝痛の主な原因となる病気としては、変形性膝関節症、関節リウマチ、半月板損傷、膝間接靭帯損傷などが挙げられます。

 

●変形性膝関節症

 

変形性膝関節症は、関節軟骨の変性や摩耗による荒廃によって起こる慢性・進行性の変形性関節症です。
男性よりも女性で多く発症し、O脚変形の原因になります。

 

●関節リウマチ

 

関節リウマチは自身の免疫によって関節が壊されてしまう病気です。
痛みだけではなく可動域の制限もみられます。

膝だけでなく指先の関節などにも好発し、症状が悪化すると寝たきりになる可能性もあります。
原因特定の難しい慢性疾患で、全身で多発的に起こります。

 

●半月板損傷

 

半月板損傷は若い方によくみられる症状で、オーバートレーニングなどのスポーツ障害として好発します。
膝関節の適合性を高めたり衝撃を吸収するクッションのような役割をしている半月板が、負荷に耐え切れず損傷することで起こります。

体重をかけたときに痛みが出たり、曲げ伸ばしで引っかかり感が出ることがあります。

 

●膝関節靭帯損傷

 

膝関節を制動する靭帯が損傷する症状です。最も損傷を受けやすい部位が前十字靭帯、内側側副靭帯の二つです。
膝頭がつま先よりも内側に捻られてしまう動作によって損傷が引き起こされます。

 

膝の痛みには適度なトレーニングが有効です

膝関節の痛みがあると階段が登れない、自転車に乗れないなど日常生活に支障が出てしまいます。

 

膝関節の安定性には「筋肉」が大きく関与します。

 

膝痛対策をしたいあなたに、いくつか対処法をご紹介します。

 

・変形性膝関節症、関節リウマチ

 

一度すり減って変形してしまった関節はもとに戻りません。
一度すり減ると、通常より痛みが出やすい状態になってしまいます。

そんなときには大腿周囲の筋肉、特に大腿四頭筋を鍛えることで、膝の関節が安定し痛みを抑えることができます。

足を伸ばして座る「長座」の姿勢で膝裏にクッションを入れ、それを押しつぶすように膝を伸ばしていくエクササイズを行えば大腿四頭筋が鍛えられます。

 

・半月板損傷、膝関節靭帯損傷

 

膝は「ねじれ」の負荷に対して非常に弱いものです。
そこで半月板損傷や膝関節靭帯損傷にならないためには、大腿四頭筋のほかにもハムストリングや臀部の筋力トレーニングを行うことで、安定した動作を獲得しやすくなります。

トレーニングでは、膝がつま先よりも内側に入らず常に同じ方向を向くような動きを意識しましょう。

 

・そのほかの膝の痛み

 

その他にも、思春期の成長が盛んな時期に筋肉が骨の成長に追い付かず硬くなり、軟骨を引っ張り上げてしまう「オスグッドシュラッター」と呼ばれる膝の痛みもあります。

このタイプの膝痛には、硬くなった筋肉が柔らかくなるようにストレッチを行うことで症状の改善が見込めます。

 

市川中央整骨院【膝の痛み】アプローチ方法

当院ではまず最初にヒアリングをしっかり行い、その上で施術内容を決め、施術を行います。

関節の動き方が悪いと負担がかかるので、主に「CMC筋膜リリース」「骨格矯正」を用いて滑らかに関節が動くようにしていきます。

その他にも、歩行の動作を確認して「テーピング」「サポーター」「包帯」など使用して歩行改善も行い根本改善を促します。

 

 

 

【膝の痛みに対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法とは筋肉や靭帯の深部に高電圧の電気を流す事により回復の促進や痛みの軽減などに作用する、痛みの症状に特化した電気刺激療法です。
他にも骨折などで損傷した骨組織の回復促進や、姿勢の悪さによって働きの鈍くなったインナーマッスルの活性化などにも効果が期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

身体の中には微弱な電気が流れていて、その流れによって神経伝達が流れています。ストレスやケガなどで電気伝達が悪くなると身体の不調が生じやすくなります。
異種金属や磁石などの体内電流を整えるテープを貼ることにより、痛みの緩和が期待できます。

 

■テーピング

傷ついた組織を保護すると同時に受傷した方向に動かないように固定を行います。
ケガをした組織は放置しておくと、日常生活の中での負担が多く改善するのが遅くなり痛みが残ってしまうリスクがあります。
そのリスクを減らしてあげることで、回復を促進する効果が期待できます。

 

■骨格矯正

人の身体というのは、筋肉と骨と神経のバランスで成り立っているので、「筋肉だけ緩める」「骨の位置を整える」だけではすぐに骨格のバランスが戻ってしまいます。
ですので、筋肉を緩めて骨の調整をしたあとにバランスを整えて、日常生活の指導やセルフトレーニングのアドバイスなども行っています。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を包んでいる筋膜ですが、身体の中で癒着してしまった筋膜を緩めることにより、つらい部分が楽になるように改善を行っていきます。 患者さんに合わせて手技や特殊な機器を使用して、患者さんに負担が少なくなるように行います。 筋肉を包み込んでいる筋膜の委縮・癒着を引き剥がすことで正常な状態に改善していきます。

 

■ドレナージュ【DPL】

ディープレスリンパドレナージの略で、ふくらはぎの奥になるリンパや筋肉の緊張をほぐすことにより、循環不全で起こる症状に効果が期待できます。
ふくらはぎやつま先には、リンパ液や血液を戻すポンプのような働きがあります。
クリームをふくらはぎに塗り、手技により老廃物やリンパを流していくことで「足のだるさ」「むくみ」「冷え性」などの症状を改善を促します。

 

■カッピング

カッピングは「吸い玉治施術」とも言われています。
カップ状の機器で皮膚を吸い上げることにより、身体の奥にある疲れた血液を表面に吸い上げます。
身体の表面の方が血液の循環が良く、皮膚を吸い上げることによりケガの回復を促進していきます。
全身の重だるさや、ケガ全般に効果が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:嶋崎 大輔
出身地:静岡県三島市
誕生日:8月7日
血液型:A型
学生時代のスポーツ:野球
趣味:読書(医学関係からマンガまで幅広く)
好きな食べ物:お肉 アルコール

【患者さんへの思い】
市川に住んでいる人々に健康と安心を提供したいと思っています。
施術に関する事から日常の悩みまで相談される様な安心感を出せる様にしたいです。
日々勉強、明日の自分に誇れる様に毎日過ごしたいと思ってます。
皆様よろしくお願いいたします。
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:市川中央整骨院
住所〒272-0035 千葉県市川市新田4-8-23
最寄:JR市川駅 徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】市川中央整骨院 公式SNSアカウント 市川中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】市川中央整骨院 公式SNSアカウント 市川中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】市川中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術などのご案内をしています
  • 営業時間の変更などのご案内をしております
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中