体の歪みと痛み、スポーツの怪我なら市川中央整骨院へ

市川中央整骨院は、身体の歪みを正常に戻し、肩・腰・膝の痛み、スポーツによる怪我を治療します


痛い部分の治療だけでは不十分!?歪みも解消しないと完治とは言えません!

スポーツなどで怪我をすると、その部分をかばいつつ日常生活や運動を行なう ため身体が歪むことがあります。例えば膝関節に怪我を起すと、身体のバランスをとるため他の部分(主に腰や背中)に負担がかかり、膝だけでなく別の場所に次々と痛みが出ることがあります。更に、身体のバランスが崩れた状態のままで肩を使うスポーツを行なうと、均等の取れた動きが出来なくなるため、肩や肘などの怪我を引き起こすこともあるのです。このように1つの怪我が別の部分の痛みや不調を引き起こすことがあるので、痛い部分の治療はもちろんのこと、歪みを解消することが大切なのです。
2019. 5. 7
運動会の対策
市川のみなさん、こんにちは!院長の嶋崎です。
5月になりました。
身体を動かすには最高の季節です。
当院周辺の小中学校は運動会シーズンの真っ只中。
そのせいか、この時期は子どもたちの来院が多くなります。
小中学生の身体は治ろうとする力が強く、大人に比べて痛みが早く収まりやすいです。
しかし、痛みが消えたことと治っているかは別問題です。
捻挫した関節の位置を悪いまま、肉離れした筋繊維がしっかり再生していなければ再発の危険や、大人になってからより大きな障害を起こすこともあります。
小中学生では自発的に治療に行こうとする気持ちがまだ薄いので、保護者の方から治療の大切さをしっかり伝えてあげてください。
当院の治療は、炎症期はアイシングや圧迫固定、その後は経過を見てテーピングを施し、少しずつ運動に復帰できる状態に慣らしていきます。
学校の先生や保護者の方にも状態を説明して、学校や家庭で行うトレーニングや生活上の注意点や動作などを理解していただき、みんなで完治を目指します。
身体のメンテナンス方法を学生のうちから学んでおけば、将来痛みが出ても正しい対処で復帰を早めることができます。
もちろん大人でも遅いということはありません。
何歳からでも痛みに強い身体をつくれますのでご相談ください!
余談ですが、当院ではカラーテーピングを取り入れています。
JリーグやBリーグのプレーヤーもユニホームに合わせたラッキーカラーのテーピングを使用しています。
当院に通う子どもたちの中にもプロ選手と同じカラーテーピングで運動会や試合に出場しています。
ぜひプロになった気分で走ってはいかがですか?
いつでもご相談ください!
お待ちしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2019. 4. 1
4月の過ごし方
こんにちは、院長の嶋崎です。
本格的に穏やかな春となりました。
4月といえば生活環境に変化のあった方も多いのではないでしょうか。
新入生、新社会人のみなさま、入学、入社おめでとうございます!
仕事をされている方は、先月に続いて歓迎会など飲食の機会が多くなると思いますので、胃腸など体調にはくれぐれもご注意ください。
また、この時期はケガ、交通事故が比較的多くなります。
ケガについては急激な温度変化の影響がみられます。
暖かくなれば身体も縮こまらず、ケガも少ないように思われがちですが、実態は違います。
身体は意外なほど外部環境に敏感で、気候の変化に順応しようと体内を調整している自律神経が変動に追いつけなくなると体調を乱します。
身体をリラックスさせるべき時に、副交感神経ではなく、身体を興奮させる交感神経が優位になってしまうと不眠、消化機能の低下による食欲不振、便秘などの症状があらわれます。
体内が興奮状態に置かれると筋肉のこわばり、関節の機能低下なども起こります。
そうしたことからこの時期は筋肉や関節の損傷、ギックリ腰や寝違えといった捻挫、肉離れが目立って増えてきます。
次に交通事故ですが、こちらも自律神経の乱れによって不眠であったり、浅眠状態による疲労でドライバーの注意力が散漫になって、信号や通行人を見落としたために事故に至るというケースです。
交通事故によるケガは程度に関わらず慎重な対応が欠かせません。
軽度な頚の痛みであってもムチウチ症状の放置は後年、全身症状として悩まされることが多くありますので事故後は早期に受診が必要です。
すばらしい春を元気に過ごすためにも、ケガ、事故には十分にご注意ください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2019. 3. 1
去る3月の過ごし方
市川のみなさん、こんにちは!
院長の嶋崎です。
3月になりました。
行く1月、逃げる2月、去る3月。
出会いと別れの季節、学生は進級や卒業で生活が変わる方も多いと思います。
社会人は転勤などがありますね。
私もこの時季になると自分の学生時代や社会人として働き出した頃を思い出します。
期待と不安でいっぱいで、それがストレスとなって体調を崩す方もいます。
いままでの生活リズムとまったく違う環境に置かれると疲れや怠さ、不眠などに悩まされることも少なくありません。
ストレス解消のために補って欲しい栄養素には、副腎皮質ホルモンとともに消費されてしまうタンパク質やビタミンB群があります。
ほかにも、不足すると神経を興奮させてイライラの原因となる、カルシウムやマグネシウムもしっかり補給して欲しいです。
また、ストレスに打ち勝つためには強い心身が欠かせません。
環境の変化で疲れた心を労わり、ビタミンCやカルシウムなどの栄養素をしっかり摂取して、ストレスやイライラ、それらが原因となって発生する不眠などの諸症状を改善しましょう。
スポーツや趣味など、自分なりのリフレッシュ、気分転換を持つことも必要です。
イライラやストレスは身体の疲労によっても起きるので、十分な睡眠で身体を休めることが大切です。
寝つきが悪いときはホットミルクを飲んだり、お腹や足を温めると副交感神経が働き、リラックスして入眠できます。
4月を控えた今月から少しずつ調整すれば、無理なく新生活に適応できると思います。
当院にも、「腸もみ」というおすすめの治療があります。
お腹を揉んで腸内環境を活性化して体調を整える治療です。
新生活を前に、ぜひ一度お試しください!
運動中にケガした時はこうしよう! 歪みを治す治療を行っています。
院内の様子 院長はこんな人です。

交通事故の施術も行っています

市川中央整骨院では、交通事故による怪我や後遺症の施術も行っています。
ムチウチや手足のしびれ、腰痛、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気など、例え軽い症状でも 気になる方はご相談ください。
交通事故は治療が長引く傾向が強く、また、数日後〜数ヵ月後に症状が出ることも あります。
後遺症が残らないためにも、痛みなどの症状を感じたら早めの治療をお勧めします。
ご不明な点がございましたら、お問合せページからメールをいただくか、047-379-7456 までお電話ください。

院長からのお知らせ
スポーツによる怪我の対処法
2019. 5. 20
受付時間変更のお知らせ
5/21(火)は勉強会のため、午後は4時からの受付となります。
なお、午前は通常通りです。

━━━━━━━━━━
2019. 5. 7
冷えや疲労でインナーマッスルがつってしまう「ぎっくり腰」
子育てママにも増えています。

アウターマッスルがつって引き起こされる「コリ」
部活動のオーバーユース、ゴルフのスイングでも発症!

神経の通り道が狭くなって痛み出す「神経放散痛」
腰を反ると痛むので、猫背などが慢性化することも!
「間歇性跛行」になる前に対処しましょう!

腰痛予防のはじめの一歩、軽そうな物でもしゃがんで荷物を身体に近づけゆっくり持ち上げましょう!

━━━━━━━━━━
2019. 4. 26
GW休診のお知らせ
GW期間中、受付している日はこちらの4日です。
・4/27(土):
 9:00〜12:00
 14:00〜17:00
・4/30(火)、5/ 1(水)、5/ 2(木)の3日間:  9:00〜15:00
その他の日は休診です。ご了承ください。
尚、5/7(火)から通常通り受付します。

痛みを持ち越さないためにも、気になる症状がありましたら、是非来院してくださいね。

━━━━━━━━━━
2019. 4. 19
受付時間変更のお知らせ
4/24(水)は勉強会のため、午後は4時からの受付となります。
なお、午前は通常通りです。

━━━━━━━━━━
2019. 4. 1
「仕方がない」と言い聞かせても治したいのが“ホンネ”ですよね…
変形性膝関節症などによって自立した生活が制限されると健康寿命を損なうリスクが増大

◆再生医療のながれ
血液または脂肪を採取
 ↓
有効成分を抽出・培養
 ↓
患部に注射で注入
 ↓
患部の修復・炎症の軽減

自分から採取した成分を使うので拒絶反応はほとんどなし
処置は短時間で入院不要!

再生医療後のケアが必要。
運動器の治療で実績を持つ整骨院の技術は、再生医療を担うドクターからも厚い信頼が寄せられています。

━━━━━━━━━━
2019. 3. 20
受付時間変更のお知らせ
3/27(水)は勉強会のため、午後は4時からの受付となります。
なお、午前は通常通りです。

━━━━━━━━━━
2019. 3. 1
膝の曲げ伸ばしがツライ。小さな段差でつまずく。
それは、足腰の衰えのサインかも…

「膝周り」トレーニング 10回
・イスに座り丸めたタオル両膝に挟む
・タオルを潰す様に両膝に力を入れる
・5秒キープ、元に戻す

「脚上げ」トレーニング 左右各10回
・イスに深く腰かけ、両足を揃えて90°曲げる
・片脚をゆっくり上げる
・伸ばした状態を5秒キープ、元に戻す

「踵上げ」トレーニング 10回
・イスの背を両手で掴んで立つ
・両足の踵をゆっくり上げる
・10秒静止しゆっくりと踵を下ろす
未経験でも1から教えます